スーパーサイクル 非鉄株は夢の株?

スポンサーリンク

スーパーサイクルとは、相場の周期的変動や景気循環のうち、数十年の周期で起こるものを表します。

本来、数十年から百年程度で繰り返し発生する地震などでよく説明され、プレートの境界面が完全に滑り切らず、地殻にひずみが蓄積することによって、数百年から千数百年の間隔で巨大な地震が発生するという仮説。(コトバンクより)

今回はこのスーパーサイクルが非鉄株に当てはまるのでは?と言うことで紹介・解説していきます。

スポンサーリンク

非鉄株「スーパーサイクル」突入へ

非鉄株が「スーパーサイクル」へ突入したかと報じられることがあります。

これは、銅価格が史上最高値に上昇し、供給不足も意識され長期的な株高局面を迎えるのではないかという予測から発表されました。

実際の銅のETFを見てみると(銅上場投資信託)

銅価格は2011年2月の最高値(1万190ドル)を10年ぶりに更新しました。チャートは上表の通り長期的に右肩上がりなのが分かります。

銅価格上昇の要因となっているのが、最大の需要国である中国の景気回復に加え、新型コロナウイルスワクチンの接種拡大に伴う米国の経済再開期待と大規模な財政政策による銅需要の回復観測です。

更に、米国の大規模な財政出動とゼロ金利政策であふれた大量の資金が、格好の投資先として銅などコモディティー(商品)市場に流れ込んでいるとの見方は強くあります。

特に、電気自動車(EV)などの生産には大量の銅やアルミなどが使われるということも追い風で、いまや非鉄市況は「スーパーサイクル」に突入したとの観測も強まっています。

では、関連銘柄を見てみます。

大平洋金属チャート(年足)5541 株探より引用

上のチャートは大平洋金属(5541)のチャートですが、89年と07年に大きく一時的に上昇しています。

日本製鉄チャート(年足) 5401 株探より引用

こちらも89年、07年に暴騰しており、10数年に1度短期的に暴騰するのであれば、材料が整ったこれからが狙い目ということなのでしょうか。

スポンサーリンク

関連銘柄

今回のスーパーサイクルに関連し得る銘柄を4社紹介します。(完全に独断で取り上げています。銘柄の選定は自己の分析により自己責任でお願いします。)

関連銘柄
  1. 日本製鉄. 5401
    粗鉄生産世界大手。
    会社H.P https://www.nipponsteel.com
  2. 住友金属鉱山 5713
    大手非鉄。非鉄金属と電子材料が両輪。ニッケルにも強み。海外鉱山開発など重点投資。
    会社H.P https://www.smm.co.jp
  3. 三菱マテリアル 5711
    大手非鉄、総合材料メーカー。
    会社H.P https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/
  4. 大平洋金属 5541
    鉄鋼・ニッケル関連。
    会社H.P https://www.pacific-metals.co.jp/index.php

まとめ

このように過去の周期と今後のトレンドから今が絶好の仕込み場ではないかとの見方もあります。

日本製鉄チャート(月足) 5401 株探より引用

日本製鉄のチャートでは、前回(2007年)の高値以降、レンジ内で動いています。

コロナショック時に底を売ってから、レンジ上限をアタックしにかかっています。今回、この高値を上抜くようなことがあれば、さらに期待は膨らむことでしょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました