円安と円高、為替相場って何? 小中学生向けお金の勉強⑨

スポンサーリンク

義務教育で始まった金融教育。ここでは小中学生向けにお金とは?から始めるお金についての基礎を説明していきます。

前回のテーマでは世界の通貨(お金)について学びました。

今回のテーマは国際為替について。ニュースでよく聞く円安・円高について学んでいきます。

スポンサーリンク

為替相場(かわせそうば)・為替レート

マネ吉
マネ吉

マネ子さんは円安・円高という言葉を聞いたことがありますか?

マネ子
マネ子

ニュースで聞いたことがあるけど、よく分からない。

マネ吉
マネ吉

ニュースで円安・円高と言っているのは日本の通貨である“円”が特定通貨に対して前日より安いか高いかを言っています。

それは今の為替相場(為替レート)を意味しています。

これだけだと意味がよく分からないと思うので詳しく説明していくね。

例えば日本人が海外旅行に行くために日本円をアメリカドル(US$)に両替するとします。

1ドルが100円の時、1万円をドルに交換すると100ドルを受け取ることができます。

この計算方法は
10,000÷100=100 ドル
という計算式になります。

しかし、為替レート(数値)は常に動いています。1ドルが80円の時、1万円は一体何ドルと交換することができるしょうか?

10,000÷80=125ドル
となります。

それでは1ドル125円の時はどうでしょうか?

10,000÷125=80ドル
となります。

このように同じ10,000円を持っていても、その時の為替レートによって受け取れるドルが125ドルや100ドル、80ドルと変わってきます。

スポンサーリンク

円安・円高

マネ子
マネ子

同じ10,000円でもその時の為替レートによって受け取れる金額がそんなに違うんだ。もし大きな買い物をする時だったら影響が大きくなるね。

マネ吉
マネ吉

その通りだよ!

ちょっとした物を買うのであればそんなに影響はないけど、高額な物を買う時は影響が大きくなるんだよ。

それではニュースでよく聞く円安・円高についても説明していくね。

先ほどの1ドル=80円の場合は、1ドル=100円の場合と比べて、同じ金額の円より多くのドルを取得できるので、円高になります。

逆に、1ドル=125円の場合は、1ドル=100円の場合と比べて、同じ金額の円より少ないドルしか交換できないので、円安になります。

マネ子
マネ子

1ドル100円から125円と高くなっていても円安ということになるんだね。

マネ吉
マネ吉

そうだね。

円の価値を表しているので実際は円安ということになるんだよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました