学資保険不要、子供の教育費資産運用はインデックス積立投資がベター

スポンサーリンク

将来のこどもの教育費、どのように確保すべきか悩むことは多々あります。

そこで今回は実際にこどもが誕生した時に学資保険に加入した著者が10年近く経過した時点での結果と意見を述べていきます。

そしてこどもが誕生してからの学費や生活費に絞り、計画的に資産を形成する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

学資保険の重要性

私は長女が誕生してまもなく、学資保険を2つ契約しました。全期前納の商品と積立払いの商品の計2つ。どちらも元金保証の商品で満期を迎えると13%近く増える商品です。

当時の考えではリスクもほぼなく確実にプラスになる商品だと納得していました。

しかし、それから10年近く資産運用を勉強・経験し、投資をするに連れさまざまな知識が増え、より幅広い選択肢を持ちました。

今、当時に戻れるのであれば、学資保険は絶対に選びません。確実に自分で運用する道を選びます。

スポンサーリンク

インデックス運用

そこで学資保険を圧倒するインデックス運用を紹介します。

ここでは米国を代表する株式指数であるSP500指数をもとに考えていきます。

簡単ではありますが、エクセルで試算したデータを貼り付けます。

この表は子供が生まれてから毎月1万円ずつインデックス投資積立をしたシミレーション表です。

運用率は年利3%、5%、7%で試算してみました。

S&P500指数の過去30年の運用利回りが6-7%であることから、それより悪い5%で見積もりをしても450万円のリターンが期待できます。

この内容を見て、既に払い込んでいる学資保険と比較してみると、

20年後を比較すると
  • 学資保険 ; 約270万円
  • インデックス投資積立 3% ; 約350万円
  • インデックス投資積立 5% ; 約450万円
  • インデックス投資積立 7% ; 約575万円

学資保険は元本保証(死亡リスク、解約リスクを除く)がありますが、トータルリターンを考えると数百万円規模という圧倒的な差になってしまいます。

後悔しても仕方がなく、別で積立投資は開始しました。積立投資は早く始めれば始めるほどその効果は大きくなります。

学資保険はある一定時期より解約払戻金が支払額を上回る時期がきます(全期前納の場合)。その場合はとっとと解約して積立投資へ切り替えるのも有効です。

金融教育と老後2000万円問題

我が家では幼少期にしっかりと子供へお金の勉強を行い、20歳または大学を卒業して新卒になる22歳からは子供たち自身で継続して積立をしてもらう予定です。

その後、彼女たちが積み立てを個々で継続した場合、35歳、40歳、50歳、60歳・・・と先程の表の通りとなります。

老後2000万円問題なんて気にする必要はなく、リスクをとって個別銘柄で運用する必要もありません。この結果は明らかで下記のグラフの通りとなります。

赤線が単に毎月1万円を積立貯金したもの。青線が毎月1万円インデックス投資積立を年利5%で運用したもの。

毎月1万円積立貯金しただけ差は歴然です。

小さい時からコツコツと積立運用をする大切さは言うまでもありません。そして早ければ早いほど有利となります。

私は子供が産まれた際にはこの知識がなく学資保険を選んでしまいましたが、小学生進学時に積立投資を開始したと想定した表は下記の通りです。

月たった1万円を年率3%で運用したとしても老後資金2000万円もほぼ解決です。

参考までに金融庁のホームページで公開されている資産運用シミュレーションサイトを紹介します。積立金額、想定利回り、運用期間を入力すれば最終積立金額が出てきます。

ただ、ここで気をつけなければならないのは、ただ単に積立てていればこの表になるわけではないということです。

10年に1度、リーマンショック、チャイナショック、コロナショックなどの大暴落が起こります。問題はここでどう対応するかです。

忘れてはいけないのが、どのショックも暴落率は半端ありませんが、確実に値は戻し、その後最高値を更新していることです。

経済は日々進歩していることを忘れず、どんな時も前向きに機械のように淡々と積み重ねることが何よりも大事です。

私は暴落時や下落時はチャンスと捉え、普段より多めに資金投入することにしています。

まとめ

学資保険は他人が運用してくれて、満期を迎えると元本補償はあります。

ただ貯金するよりマシですが、割に合わないことは明らかです。インフレリスクもあります。

自分でしっかり投資先を選び運用すれば確実に資産は増え、将来の老後資金でさえ心配する必要はないほどです。

それができている人は資産面において心配するどころかゆとりある楽しい老後生活を送ることはほぼ確実でしょう。

早く始めるに越したことはないが、遅くてもそれに気付き、向き合い、最初の一歩を踏むことが何より大事です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました