日々の記録

日々の記録 日々の記録
日々の記録

2023年1月第5週(2月第1週)の気になる投資関連ニュースと次週の注目経済指標

この記事では2023年1月第5週(2月第1週)(29日〜2月4日)に発表された気になる投資関連ニュースを取り上げていきます。実際のニュース記事をもとに1週間を振り返るのとともに次週注目すべき経済指標も紹介していきます。今週の注目ニュースは” IMF世界成長率を2.9%へ上方修正“” 1月の国債購入額は過去最高額の23兆円超”“ 中国株への外国人買いが急増”” FRB利上げ0.25%に減速、インフレは鈍化”” GAFAM5社、10~12月期決算は揃って減益”です。
日々の記録

1月の運用実績と2月の投資戦術、ボックス相場は2月も続くのか?密かに上昇するマザース銘柄!

この記事では1月の株式市況と運用結果、2月の投資戦術について解説します。1月の日経平均株価やマザーズ指数などはいずれも前月と比べ上昇しました。ここ数ヶ月は毎月上下を繰り返すボックス相場となっています。今後もボックス相場は続くのか?マザーズ指数は上昇を続けるのか?GAFAMの減益決算により米国経済はリセッション入りするのか?などを解説していきます。
日々の記録

2023年1月第4週の気になる投資関連ニュースと次週の注目経済指標

この記事では2023年1月第4週(23日〜29日)に発表された気になる投資関連ニュースを取り上げていきます。実際のニュース記事をもとに1週間を振り返るのとともに次週注目すべき経済指標も紹介していきます。今週の注目ニュースは” 世界から中国銘柄へ資金回帰”” プライム銘柄の上場維持猶予は残り僅か”” 米国GDP2.9%増(10~12月期)”” カナダ中銀、G7では最初の利上げ一時停止”” IMFは日銀の金融緩和に修正提案”です。
日々の記録

2023年1月第3週の気になる投資関連ニュースと次週の日米注目経済指標

この記事では2023年1月第3週(16日〜22日)に発表された気になる投資関連ニュースを取り上げていきます。実際のニュース記事をもとに1週間を振り返るのとともに次週注目すべき経済指標も紹介していきます。今週の注目ニュースは“ 12月の企業物価指数10.2%上昇“、“ 日銀、大規模な金融緩和政策の維持を決める“、“ 東証、株価売買刻み幅を縮小へ“、“ FRB副議長、早期利下げを否定。利上げは0.25%へ減速か?“です。
日々の記録

12月の運用実績と1月の投資戦術 日銀実質利上げの影響は?メガ銀は固定金利利上げ

この記事では12月の株式市況と運用結果、1月の投資戦術について解説します。1月の大きな出来事としては日銀が実質的に長期金利を0.5%利上げすることを発表し株価はすぐさま反応し急落しました。今後の見通しは決して良いものではありませんが、その中でどのように考え行動していくかを解説していきます。
日々の記録

11月の運用実績と12月の投資戦術 4段下げへの警戒とクリスマスラリーへの期待

この記事では11月の株式市況と運用結果、12月の投資戦術について解説します。9月に大きく下げた日米両国の株価指数は10月以降いずれも回復基調にあります。しかしGAFAMの決算も不調に終わり今後の見通しは厳しい状況に変わりはありません。この中で12月はどのような投資シナリオを考え行動していくのかを解説していきます。
日々の記録

10月の運用結果と11月の投資戦術 〜利上げはどこまで続く?年末アノマリーはくるのか?〜

この記事では10月の株式市況と運用結果、11月の投資戦術について解説します。9月に大きく下げた日本の株価指数はいずれも大きく回復しました。9月が下げ過ぎたというのもあります。FRBは4会合続けて大幅利上げ(0.75%)を決め、欧州主要中央銀行の利上げも続いています。今後、年末にかけて株価はどのように推移していくかなど、詳しく解説していきます。
日々の記録

9月の運用結果と10月の投資戦術 〜止まらぬインフレと利上げ、世界株安が続くか買い場到来か?〜

この記事では9月の株式市況と運用結果、10月の投資戦術について解説します。これらの影響を受け日経平均株価は急落し2,000円近く一気に値を下げる展開となりました。問題はどこまで下げるか?です。過去の下値などをチャートを使って今後どのように行動するかなどを詳しく解説していきます。
日々の記録

8月の運用結果と9月の投資戦術 〜続くインフレと利上げ、リセッションのタイミングを探る相場〜   

この記事では8月の株式市況と運用結果、9月の投資戦術について解説します。8月末に行われたジャクソンホール会議においてFRBパウエル議長はインフレが完全にピークアウトしたとは判断しておらず、今後も利上げを行う事を示唆しました。インフレや利上げが止まるのが先かリセッション入りが先になるか見通しは明るいものではありません。
日々の記録

7月の運用結果と8月の投資戦術 〜大幅利上げ継続と景気後退懸念〜  

この記事では7月の株式市況と運用結果、8月の投資戦術について解説します。日銀は金融緩和を維持する中、米国FOMCでは前月に続き0.75%の大幅利上げを行うとパウエル議長が発表しました。同時に景気後退についても触れ、今はまだ景気後退に陥っていないと明確に言及しました。今後考えられるシナリオを紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました